“ドローイング展 ”
1950~70年代を中心に


建石修志作品は、何と東京芸大卒業制作の連作「凍結するアリスたちの日々に」6点のうちの1点「王国-Konigreich」
初個展の番外作品「春」等、なかなか見る機会の無い作品が、どうした事か巡りに巡っての展示。
他にも展覧会以来40年に近く経って再会した作品など6点の出品