僕はこの商会で猫の飼育に携わっています。

もう5年が経ちます。
JEANがまだ2ヶ月の子猫だった頃からです。
古くからいらした方にお聞きした話だと、以前には、ANDRE,SIMONE,FIFIという毛並みも美しいペルシァ猫が飼われていたそうですが、僕は知りません。

ハッキリ言って、僕は猫の気持ちはわかりません。
食事の世話、トイレの始末、気ままな運動の相手、そんなところが僕の仕事です。この場で僕の出来ることは、猫のいる風景を切り取ることと、小耳に挟んだ猫達の噂話を告げ口するくらいです。

因みにこの商会には、中にJEAN,TONIOの2匹、
庭にそれぞれキクオ、デブコ、デンプシー、中蔵 という野良猫が暮らしています。

勝手にしてくれというところですが、
僕から言わせてもらえば、
猫ってもう少し話したり、動いてくれないとツマラナイ感じ。

(飼育係 記)

 

1

 

 




†WORKS
NEWS
画廊逍遥
書物の衣裳
刊行物
カルチャーの時間
資料編纂係

†PRIVATES
徒然なる日々
驚異の部屋
Jean&Tonio
庭を巡る日々
LINK
郵便係シュヴァル

About Site
†Contents