■建石修志が講師をしている学校及びカルチャースクールの紹介■
0

◆◆◆池袋コミュニティーカレッジ◆◆◆
【場所・連絡先】池袋 西武/03-5992-0496 
「鉛筆空間」/毎月第1・3・5週の水曜日18:30~21:00
もっとも基本的な画材であり、一番手に馴染んだ道具、それが鉛筆です。ところが意外と鉛筆の可能性に気づく人は多くありません。デッサン、下描、作品制作の準備としてしかとらえられていないのです。この講座では鉛筆の可能性を十分に発揮して、色彩の楽しさに負けないモノクロームの豊かな世界を創りだすことを目指します。まずモチーフの細密描写から始めます。物の細部に神は宿るのです。そして個人の想像力は様々です。一人一人の独自の世界を創りだすためには、物をよく視ることによる想像力の拡張が重要な鍵なのです。
扉はいつも開かれるのを待っているのです。
※初めての方は基本的な鉛筆の表現方法から入り、別枠でカリキュラムを組みます。

●04年4月新規受講生募集中!詳細は上記ホームページへ

●小林岳 鉛筆画展
2004年4/19(月)~24(土)
11:00am~6:30pm(最終日5:00迄)








檜画廊
千代田神田神保町1-17
03-3291-9364

●平千賀子+横地和加子
~見つけられた身体・そこに在る風景~
2004年2/9(月)~2/14(土)
12:00=19:00(最終日~17:00)
終了致しました







ギャラリー華音留
渋谷区神宮前4-15-13FROM RED 1F
03-5410-4550


●公開講座●      講師 建石修志
幻想画はどのようにして生まれるのか

●池袋コミュニティ・カレッジ
2003年7月30日(水)
18:30~20:30
受講料3.500円
─発想力を豊かにするためにはどうしたらよいのでしょうか。文章や小説など言葉から絵にする方法など、絵作りの考え方や想像の引き出し方などを、原画を使って楽しくレクチャーいたします。

申し込みは下記まで
池袋コミュニティ・カレッジ
03(5992)0496
http://www/seibu.co.jp/c_college

終了しました


池袋コミカレの受講生小林岳氏の初の個展
小林岳鉛筆画展“光・影・視線”
11/5(火)─10(日)
11:00~7:00
修了しました

ギャラリー北村

港区南青山5-1-25北村ビル102
3499-0867

0

◆◆◆朝日カルチャーセンター◆◆◆
【場所・連絡先】新宿 住友ビル/03-3344-19468(直) 
「鉛筆で描く細密画」毎月第2・4週の火曜日18:30~20:30
鉛筆はもっとも手軽で、基本的な画材です。しかしそのために、鉛筆の豊かな可能性については以外と知られていません。
この講座では、モチーフとなる具体的な物を徹底的に視ることを通して、自分自身の想像力を導き出し、鉛筆の基本的技法からその展開方法を探り、モノクロームの豊かな詩的世界を創りだすことを目指します。
 表現するには描くための技術が必要です。そして同時に、何を表現したいのかを見つめなければなりません。そのための技術なのですから。想像力は突然わいてくるのではなく、物の細部に隠れているのです。物を視るとは、自分の内部の想像力を目醒めさせることなのです。
●04年4月期新規受講生募集中!詳細は上記ホームページへ
●みねお みつ“心象風景”展
2004年4/5(月)~10(水)
AM11:00~PM6:30(最終日PM5:00まで)





檜画廊
千代田区神田神保町1-17
03-3291-9364

●朝日カルチャーセンター受講生 永井廣美氏の個展
“ガラスに描いて”
2003年5月19日(月)〜25日(日)
11:30〜19:00(最終日17:00終了)

スピカミュージアム
港区南青山4-6-5 
tel03-5414-2264
銀座線外苑前1A出口
終了致しました


第4回〈鉛筆派〉展の開催

建石修志が講師をしているカルチャースクール
池袋コミュニティカレッジの「鉛筆空間」、朝日カルチャーセンターの「鉛筆の細密描写」
両講座の受講生による合同のグループ展が開かれます。
第4回の出品メンバーは28名

共通テーマとして「我々の視ているもの」を各自1点出品している

2003年3月31日(月)~4月6日(日)
11:00~7:00PM(金曜・土曜は8:00PM迄。最終日は5:00PM迄)


アートスペースリビーナ
港区北青山3-5-25 表参道ビル4F(地下鉄表参道駅A3出口)
03-3401-2242

終了致しました

◆◆◆絵画美術セミナー◆◆◆
【場所・連絡先】高田馬場JFDCアカデミー/03-3200-8717
「人物表現」毎週木曜日18:30~21:00
人物表現といっても、その方法は多様です。迫力のあるもの、幻想的なもの、構成的なものと様々です。
また、表現の道具としての画材も多くの種類があります。鉛筆によるモノトーンの形態の写実性、パステルの柔らかな色調のハーモニー、水彩絵の具の透明性、樹脂絵の具による速乾性の便利さ。この講座では、まず人物の形態の写実的表現から始めます。画材は各人の描きたいものを自由に選びます。人物表現は幅広い絵画の中の中心であり、その奥深さは無限です。全く初めて描かれる方も、多少経験のある方も、モデルを視ることを通して、豊かな絵画的時間を味わうことができるでしょう。講座では一貫して、画材の使い方屋より深い表現方法へのアドバイスを行いながら、各人各様の魅力的なオリジナルの作品制作につながるよう指導します。
04年前期受講生募集中。詳細は上記HPまで。


◆◆◆日本デザイン専門学校研究科◆◆◆
【場所・連絡先】代々木 日本デザイン専門学校
/0120-8160-98
 
「ペインティング研究コース -想像の庭-」毎週木曜日9:00~16:10
鉛絵画的側面に重点を置きつつ、イラストレーションの領域の拡大を意識し、油彩・テムペラを含む画材と技法の徹底的な探求を目指します。描くこと・作ることの意味、作り手と受け手の関係を考えるなど、作品制作のテーマの充分な検討を通して、作品として自立することの意味と方法を探ります。
“誰にも似ないように、誰とも通じるように・・・。”
●2005年研究科生募集中!〈ペインティング研究コース〉
●詳細は上記ホームページ迄。


7人の絵描き展
【脳の嵐を起こすんです 】
2004年5月1日(土)~14日(金)
12:00~22:30(月・火曜~21:00)




カフェ・ラウ゛ァンド
渋谷区恵比寿西1-10-12
03-3780-5225
ゼミ卒業生など7名によるグループ展
●菅原優
【私の化身】展
2004年3月9日(火)~14日(日)
11:00~19:00(最終日~17:00)
終了致しました








GINZA GALLERY 中沢
中央区銀座4-3-14中沢ヒル3F
03-3562-5630
菅原優氏は上記専門学校にて、研究科〈ペインティングコース〉で助手を務めていらっしゃいます。
斉藤 真
Specimen of Negative“ネガの標本”展
2004年3月8日(月)~13日(土)
11:00~19:00(最終日~16:00)
終了致しました








ペッパーズ ギァラリー
中央区銀座7-13-2銀座パインビルB1F
03-3544-3240
〈ペインティング〉研究科卒業生。

●木村裕美子・井上彰子・椋本里沙子
3人のイラスト展
2004年2月10日(火)~15(日)
11:00~20:00
終了致しました





GALLERY ART WAD'S
渋谷区宇田川町4-9くれたけビル1F

雑貨店「宇宙百貨」店内奥
03-3770-1929

〈絵画的イラストレーション〉ゼミ卒業生。

●植松百合子
“月のある風景”展
2004年2月1日(日)~29(日)
終了致しました






詳細は下記まで
カフェ・レストラン0MAMORI
渋谷区猿楽町11-1ラ・フェンテ代官山B1F
03-4728-2739

ゼミナール卒業生。

2003年ペインティングコース展覧会
〈石眼鏡と真実の6人展〉
終了致しました

飯野寛幸  大木久美子 大友ヨーコ
中島雅史  峯 悦子  安田恵子

2003年11/11(火)~16(日)
11:00am~7:00pm
渋谷LE DECO
渋谷区渋谷3-16-3LE DECOビル5F
03-5485-5188


†架空庭園の六人展
終了致しました。

'02 11/18(月)~24(日)
11:00~19:00

銀座月光荘画室2
中央区銀座8-7-18
3573-5605

菅原優 根本知美 横地和加子
辻陽子 斉藤真  長谷川斉人

研究科“ ペインティング研究コース”の
6人によるグループ展

 

 

 




†WORKS
NEWS
画廊逍遥
書物の衣裳
刊行物
カルチャーの時間
資料編纂係

†PRIVATES
徒然なる日々
驚異の部屋
Jean&Tonio
庭を巡る日々
LINK
郵便係シュヴァル

About Site
†Contents

©2002*Tateishi Shuji
Designed By Macintosh
for IE5 or later
1024*768